テクノロジー

画期的なアイデアで暮らしに変革を

培養肉作製手法.png


私たちの持つテクノロジーは細胞農業と言われるものです。

細胞はもともとお互いが「くっ付きあう」特性を持っています。この特性をうまく生かし、培養肉を作ります。

細胞は培養肉は、体内環境を再現した培養液の中で細胞を育てることで作られ、この技術で作られた培養肉は、将来限りなく本物の肉に近い食感が得られると考えています。

​培養肉は環境負荷が低い

培養肉 資源削減効果.png

 しかし、人口増加や食習慣の変化により、既存の畜産業だけでは食肉が十分に供給できない時代がすぐそこに来ています。

 培養肉は 水資源を90%、土地を99%低減することができます。ウシのゲップなどの温室効果ガスの削減効果も見込めますが、科学的な数値に関しては未定です。​

 また、家畜のエサとなる穀物価格も上昇し続けています。

 培養肉は、室内型の生産になるので、鳥インフルのような疾病や、台風などの気候変動にも耐性が強く、安定した生産が可能です。

既存の畜産業と培養肉工場の共存・共栄

畜産業と培養肉の共存.png

培養肉には元となる細胞が必要です。また、細胞も無限に増えるわけではありませんので、定期的に細胞を採取する必要があります。

私たちは、畜産農家と協力体制を整え、畜産業の技と私たちの新技術を合わせ、一丸となって持続可能な畜産業の発展に取り組んでいます。また、再生医療技術から生まれた技術であるため、私たちの培養肉技術の発展が、再生医療技術の発展という形で還元され、医療の進歩や医療費削減への貢献につながります。

細胞を育てるところから、料理し新たな食を創造するところまでを一貫して行うことが私たちの強みです。