Mission

「培養肉で地球と暮らしを守る」それが我々の使命です。

 人類がテクノロジーを発展させ、人々の暮らしは豊かになりました。食分野においても、畜産業の発展に伴い豊かな食文化が育まれています。この社会は今後どうなってゆくと予想されるでしょうか。

 

国連の推計によると2050年には世界の人口が100億人に迫ると言われています。農水省の試算では、食糧も2010年に比べ1.7倍必要とされています。

 

「足りない食糧をどのようにして補うか」これは、人類が抱える喫緊の課題の一つです。

 

フードロスを減らす事はもちろんのことですが、世界の人口の増加を鑑みると、食糧そのものをふやすことも必要不可欠です。

今より多くの食糧を得るためには、より多くの農地が必要です。しかしながら、耕作に適した土地はあとどれほど残っているでしょうか。新たな土地を求めてジャングルを切り開けば環境破壊になり、砂漠を緑化するにも水が足りません。農業用水を求めて大きな川の上流に巨大なダムがいくつも作られた結果、下流域は水量が低下し水不足に陥っています。そして、大変悲しいことですが、そのことが原因で、世界では多くの紛争が起きているのです。「水」と「食糧」と「争い」は切っても切れない密接な関係にあり、飼料用の穀物の多くを輸入に頼っている日本も決して無関係ではないのです。

この悲しい関係を変えるため、私たちは培養肉で「食糧」に挑みます。

「培養肉で地球と暮らしを守る」を使命に、私たちの再生医療技術と食技術が生み出す革新的な手法で、人々と地球環境を守る取り組みに貢献します。

​Technology

私たちが日々の食事でいただいている食肉は、これまでの畜産業の方々のたゆまぬ努力に支えられて発展してきたものです。しかしながら、人口増加などにより農地や水の確保が難しくなってきている今日では、畜産のみならず様々な産業が持続可能なシステムを構築する必要に迫られています。

 

私たちの持つテクノロジーは細胞農業と言われるものです。

培養肉は、体内環境を再現した培養液の中で細胞を育てることで作られ、この技術で作られた培養肉は、将来限りなく本物の肉に近い食感が得られると考えています。

また、今後研究が進めば、エネルギー使用量が約7〜45%少なく、温室効果ガス排出量が78〜96%少なく、土地利用が99%少なく、水使用量が82〜96%少なくなると試算されており、持続可能な社会の実現に大きく寄与するものとなります。(参照:Environmental Impacts of Cultured Meat Production)

しかしながら、培養肉には元となる細胞が必要です。また、細胞も無限に増えるわけではありませんので、定期的に細胞を採取する必要があります。

私たちは、畜産農家と協力体制を整え、畜産業の技と私たちの新技術を合わせ、一丸となって持続可能な畜産業の発展に取り組んでいます。また、再生医療技術から生まれた技術であるため、私たちの培養肉技術の発展が、再生医療技術の発展という形で還元され、医療の進歩や医療費削減への貢献につながります。

細胞を育てるところから、料理し新たな食を創造するところまでを一貫して行うことが私たちの強みです。

​下記は研究用の料理試作例です。まだ試食などしていただくことはできませんので、ご了承ください。

​培養鶏肉の炭火焼き

Grilled Cultured Chicken

培養鶏肉の炭火焼き

Checken Meat roast on cucumber

培養鶏肉の茄子田楽

八尾豆腐の培養フォアグラ掛け

八尾の若牛蒡で胡麻豆腐を作り、上に培養フォアグラのペーストを鞍掛

培養鴨肉の丸 清汁仕立て

煮物椀 培養鴨肉の丸 清汁仕立て 培養鴨肉をミンチにし味噌と合わせて、丸に取りました。蕪を添えて、すまし仕立てにしました。

培養鴨ロース炙り

培養鴨ロース炙り 甘口の醤油だれに漬け込み、さっと炙りました。

培養鴨肉の米粉揚げ

培養鴨肉の米粉揚げ 培養鴨肉をミンチにして、米粉のパン粉を付けて串揚げにしました。

培養真鴨の出汁しゃぶとつみれ

培養真鴨の出汁しゃぶとつみれ鍋 薄く湯葉状に培養した真鴨と培養真鴨肉をつみれ団子にして出汁しゃぶ仕立てにしました。

培養鴨肉の道明寺揚げ_季節の餡掛け

培養鴨肉の道明寺揚げ 季節の餡かけ 培養鴨肉に道明寺粉をまぶして油で揚げ、ゆり根や椎茸の餡かけにしました。

培養鶏肉の吹き寄せ和え (1)

培養鶏肉の吹寄せ和え 蒸した培養鶏肉ときのこや木の葉に型抜きした野菜を麹で和えています。

培養鴨肉時雨煮の出汁茶漬け

培養鴨肉時雨煮の出汁茶漬け 培養鴨肉を甘辛く時雨煮にしました。焼きおにぎりの出汁茶漬け仕立てです。

これらは研究開発用の試作例です。試食などしていただけませんのでご了承ください。
 
穀物畑の空撮風景

Story

 社名は、多様性(ダイバース)の農場(ファーム)です。

タンパク質を選ぶときの選択肢には、天然、養殖や飼育、植物性肉などがあります。自然の恵みに感謝しながら命を頂くのが本来の姿なのでしょう。

 ただ、人類全てが天然の魚や動物だけを食べていけば、あっという間に地球上から多くの生き物が消えてしまいます。だからと言って、養殖を拡大すると、餌として天然の魚を何倍も使うので、結果、天然の魚をさらに減らしてしまうというジレンマもあります。植物性肉も良いですが、農地面積や水不足問題を抱えています。たまには本物の肉も食べたいといった需要もあるでしょう。

 結局のところ、どれかひとつを選ぶのではなく、天然が良い人は天然を、養殖がいいと思う人は養殖を、「いやいや植物性肉こそがアニマルライツにも環境にもいいのだ」という人は植物性肉を選べばいいのだと思います。またはそれぞれを組み合わせる。そうしてバランスをとり、天然資源を保護しながら活用していくのが良いのではないでしょうか。

 そして、その選択肢に培養肉を加えることで、よりバランスの取れる持続可能な社会を作っていこう。地球の資源を守ることで、多彩な伝統食文化を守り、人々を飢餓や紛争から遠避けたい。そんな想いでつけた名前がダイバースファームです。

 
 

ABOUT US

弊社はバイオテクノロジー技術を持つティシューバイネット株式会社と、

ミシュランで認められた調理技術を持つ「雲鶴」が共同で設立した

大変ユニークなスタートアップ企業です。

人工臓器を作るために開発された技術を用いて、

多様な生き物の細胞を独自技術で培養し、

​一流の料理人が、細胞の培養方法までこだわって作る培養肉。

栄養面や機能性を高めた肉を作ることも可能になります。

遺伝子組み換えや安全性が確立していない手法は用いずに、

食品の範囲で培養する技術を開発しています。

全く新しい味覚を創出することを夢に、​開発を続けています。

JiroOno_mono.jpg

大野 次郎

共同創業者

​代表取締役 社長

元半導体企業の事業開発者。2018年に再生医療ベンチャーのティシューバイネット株式会社を創業。独自に開発した特許技術「ネットモールド」により細胞の3D化に成功。大学病院と人工臓器の開発発を進める中で、同技術の培養肉への展開を開始。事業化に向けて、島村と共同でダイバースファームを設立。

培養肉技術の基となる​再生医療技術を詳しく紹介しています。

https://www.tissuebynet.com/

  • Facebook
mshimamura2.jpg

島村 雅晴

共同創業者

​副社長 CFTO (Chief Food Tech Officer)

2005年に懐石料理「雲鶴」を創業。

高校時代に調理師の白衣を着るか、科学者の白衣を着るかで迷い、現在は両方の白衣を着る料理界の異端児。

調理だけではない、食に関わる文化や環境その他の要素も含んだ広義の「食」を通じて社会に貢献したいとの想いからダイバースファームを設立。

自身がオーナー料理長を務める懐石料理「雲鶴」は

7年連続でミシュランの星を獲得。

伝統を踏まえながらも分子調理学や新しいテクノロジーの研究にも余念がない。

http://www.unkaku.jp/

  • Facebook
  • Instagram
 
タイニーチェック

CONTACT

〒530-0043

大阪府大阪市北区天満1丁目18−17

 

​社長 

 大野 次郎

    jiro.ono@diversefarm.com

副社長 CFTOChief Food Tech Officer​)

 島村 雅晴

   masaharu.shimamura@diversefarm.com

送信ありがとうございました